転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

転勤族ママが感じる2人目の壁は相当高かった

calendar

reload

転勤族ママが感じる2人目の壁は相当高かった

転勤族って、パパとママの実家が近くにあることは稀で、だいたいがどちらの実家も遠く普段滅多に会えない家族が多いんじゃないかな。運良く自分の実家の県に転勤にならないかなぁと妄想したりします。。

そんな近くに子育てを手伝ってもらえそうな親族がいない転勤族にとって、2人目の壁って相当高いと思うのです。毎日1歳児の子育てに格闘しながら、もし今赤ちゃんがお腹の中にいたら?もし今赤ちゃんが家にいたら?と想像すると、とても自分1人では無理!ゾッとします。

でも、2人目が欲しい。年齢的なこともあり、後からやっぱり欲しかったと思っても遅いのが現実。(超高齢出産をされている方も沢山居ると思いますが、、)とはいえ命の問題なので、生まれてきた後の子育ての環境のこともしっかり考えた上で2人目を考えないと。とも思うのです。

頼れる人がいない転勤族ママが子供2人をのびのびと育てることができるのかな?

パパの帰宅は毎日ほぼ夜の10時、頼れる親族が近くにいない転勤族ママが2人目の妊娠、出産に不安に思っているコトを整理してみました。

妊娠中の子育てについて

お腹の赤ちゃんと上の子の子育ての両立
お腹の赤ちゃんに負担なく子育てができるのか?というのが、まず第一の不安材料です。これは自分の体力にも関係してくるのかな。1人目の出産、子育てで自分の体力のなさを痛感しているのでとても心配です。

出産について

里帰りするのか、仙台で産むのか。
里帰りする利点
・産前1ヶ月、産後1ヶ月は少なくとも家事一切をやらなくてもいい
・上の子のお世話をしてもらえる
・仙台ではママと息子2人でいる時間が多いが、実家にもどると家族が多いので賑やかな環境で子育てができる

里帰りする欠点
・祖父母との生活に上の子が慣れるか?特に入院中はママ不在の中での生活になる。
・パパとあまり会えなくなる。
・仙台に戻った後のギャップが怖い
・居ない間の家の管理が心配(パパが掃除できない)

仙台で出産する利点
・大きな生活の変化がないので上の子の負担が少ない
・妊娠後期で長距離の移動をしなくてもいい

仙台で出産する欠点
・出産する日まで家事や子育てを1人でやらないといけない
・退院後、実家から親に手伝いにきてもらえたとしても慣れない土地と生活環境で生活してもらうので結局自分で色々やることになりそう。

産後1ヶ月の生活

産褥期は基本的には安静にしておくべきといわれている時期
完全に1人で2人の子育て生活が始まる前に少しでも休んでおきたい。上の子のお世話をしながら休めるとは思えない。

産後2ヶ月目以降の生活

基本的に昼間1人で2人の子育てをすることになる。
自分の体力がもつのか不安。2人の子供の子育てをしながら、掃除、洗濯、食事の準備をが十分にできるのか?

頭の中を整理してみると、頼れる人がいない転勤族ママにとって2人目の壁は相当高いな、、ということが(認めたくないけど)はっきりしました。頼れる人がいないのなら、あとはお金で解決する方法もあるよね。とは言っても、幾らでも出せるわけじゃないんだけど。(出せる家庭が本当に羨ましいぞ!)

里帰りするかしないかは、ママの負担を重視するなら里帰りした方がいいけど、上の子やパパの負担を重視するなら仙台で出産する方がいいということが分かりました。うーん、これは難しい選択になりそうです。

とりあえず予算は考えず、どんな行政や民間のサービスがあるのか費用も含めて調べてみようと思います〜。