転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

転勤族ママが2人目を出産!事前の対策で高い壁を乗り越えよう

calendar

reload

転勤族ママが2人目を出産!事前の対策で高い壁を乗り越えよう

実家に頼れない転勤族ママが、2人目の妊娠、出産に不安に思っているコトを整理してみたら、2人目の壁は相当高いことが分かってしまったわけです。。

過去記事転勤族ママが感じる2人目の壁は相当高かった

だからといって諦めたくない!ということで、実家には頼れない育児に向けての対策をまとめてみました。

食事対策

ネットスーパーを使いこなす

イトーヨーカ堂のネットスーパーやイオンネットスーパーでは当日配達をしてもらえるので便利ですね。イトーヨーカ堂のネットスーパーは子育て応援キャンペーンで4年間配達料が税込み100円になるのでポイントが高いかな〜。



家事楽対策

便利な機械に頼る
食洗機やお掃除ロボットを購入することを考えてもいいかなと思います。我が家の毎日の家事は、基本的には床の掃除、トイレ掃除、お風呂掃除、選択、食器洗いがメインになります。それ以外にも細かいコトを言えばきりが無く、、洗面台やキッチン、玄関、窓まわりとか、やる事が沢山ありますよね。その中の1つだけでも機械に頼る事ができれば少しは楽になるんじゃないかな。

子供がいるとおもちゃとか、モノが床に散乱するのでお掃除ロボットを使うにしても、床に散乱しているものを片付ける作業は自分。だったら、片付けながら掃除機やクイックルワイパーをしている今の労力とあまり変わらないかも。。そう考えると、子供が小さいうちは不向きかも、、第一候補、食洗機!

アイロンがけはしない!
1人目が産まれてからアイロン掛けが恐ろしく苦痛になりました。とにかく、アイロンがけをする時間が確保できないんです。息子は常に抱っこしていないとダメなタイプで昼間は膝の上でずーっと抱っこ、夜は添い寝。夜中の3時頃に、添い寝で寝てくれた合間にアイロンがけをしていた事を思い出すと、本当にキツかったな〜って思います。

自宅の洗濯機で洗ってもしわにならないYシャツはスーツメーカー各社から発売されているようなので、Yシャツは全て形態安定シャツに買替えます。

育児疲れ・体調不良対策

ベビーシッター、家事代行サービスの利用
今は子供を預ける時は一時保育を利用していますが、2人目が産まれると預けに行く為に外出する事が大変な日もあると思います。ベビーシッターサービスは自宅にきてくれるので、子どもを預けに行く手間がないのがいいですね。

私の場合、基本的にシッターさんに預けて外出するというより、自分も家にいてシッターさんに息子の相手をしてもらっている間に家事や2人目のお世話をするケースを想定しています。1時間は息子の相手、残り1時間は家事をやってもらう、等その時の状況に合わせて依頼できるように、できればシッターと家事代行サービス両方できる会社を探したいと思います。病児保育・病後児保育が出来るサービスがあるかどうかもポイントになると思います。

出産後は全く余裕が無いと思うので、出産前に登録と数回利用して相性を確認しておく事も大切ですね。

一時保育、預かり保育の利用
仙台市の保育所・地域型保育事業所で一時保育を利用する事ができます。(保育所等の一時預かり)料金は1日2,400円+300円(給食費)。民間のシッターさんを利用するよりも料金は安く、仙台市の認可施設なので安心感もありますね。

利用するには登録が必要になりますが、事前に登録のみはできません。初めて利用したい日の利用予約をした後に、登録をしに施設に行く必要があります。一度登録してしまえば年度内は電話等で予約ができるので、お試しで利用してみて登録を済ましておくと、いざという時にすぐに利用できて便利だと思います。

産褥期の乗り越え対策

産褥入院
実家に里帰りできない場合、産褥入院を検討したいなと考えています。産褥入院とは、出産後、助産院や産後ケア専門の施設などに母子で滞在して助産師さんのケアを受ける入院です。施設によってサービス内容が異なるようですが、基本的には産後のママの体の回復を助産師さんがサポートしてくれるということです。助産師さんは母乳や新生児のプロなので、特に第一子の場合は自宅に戻って1人で子育てが始まる前に色々と教えてもらったり、相談できるのはとても心強いなと思います。

育児ヘルプサービス
仙台市が行っている育児ヘルプサービスで、出産後6ヶ月以内の家庭が利用できます。ヘルパーさんが家事や育児などの手伝いをしてくれて、料金は一時間600円です。料金が割安なので利用を検討したいです。やっていただける事と出来ない事等、仙台市のHPでは分からない点があるので問い合わせして明確にしていきたいと思っています。

産前産後に特化した「ドゥーラサービス」
ドゥーラ」は、産前産後の母親に寄り添って、家事や育児をサポートする産前産後ケアの専門家で、妊娠中の産前や産後の家事や育児の手伝いをしてくれるサービスです。一般的なベビーシッターや家事代行との違いは産前産後のママのサポートを主としていることです。妊娠中や産後の女性の体について熟知しているスタッッフの方に来てもらえます。欧米では既に助産師とは異なる一つの職業として確立され、たくさんのドゥーラの方が産後のママの為に活躍しているんだとか。

日本では、一般社団法人ドゥーラ協会が2012年に設立され、ドゥーラの育成や普及の活動をしています。2015年時点でドゥーラ協会で資格を認定した産後ドゥーラは、約150名いらっしゃいます。なんですが、宮城県にはまだいらっしゃらないようです!残念です、、

里帰り出産の補助

仙台市に住んでいる妊婦が、里帰り出産などで県外の病院や助産所など、委託機関以外で健診を受診した場合、その健診にかかった費用の一部を仙台市が補助してくれる制度があります。(里帰り出産等に伴う妊婦健康診査の費用助成
仙台市では、妊婦一般健康診査の助成を行っていて、里帰り出産の場合も申請すると同じ助成内容の補助が受けられます。里帰りするか検討する際の参考になりますね。

事前に対策ができそうな事がわかれば、少し心に余裕が生まれて2人目も前向きに考えられるかな。頭の中で悶々と不安なことばかり考えていると、どうしても後ろ向きな気持ちになってしまいがちです。頭を整理して、不安を1つずつクリアにしていくと気持ちも軽くなりますね。

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す