転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

産褥期の乗り越え対策に!仙台市内で産褥入院できる施設は「6つ」ありました

calendar

仙台市内で産褥入院できる施設を調べました。出産後、休む事なく育児が始まりますが、実はママのケアってとっても大切な事です。産褥入院は贅沢なことではありません!産褥入院について考えてみませんか?仙台市内には産褥入院できる施設が6つありましたよ。

仙台ソレイユ母子クリニック

生殖医療外来(不妊治療など)、一般婦人科、院内助産を専門にしているクリニックです。2016年3月にできたばかりの新しい病院のようです。院内助産では妊婦検診の他にもマタニティ教室、産後ケアを行っています。マタニティ教室では、産着づくりやスリングの上手な使い方など、他にはあまり見ない内容のものが多い印象。産後ケアでは産後入院、日帰りのデイケア、母乳育児相談があり、料金が他の施設よりも低い設定になっていますね。日帰りのデイケアがあるのは選択肢が広がって嬉しいです。

仙台市太白区大野田4-31-3
電話:022-248-5001
http://sendai-soleil.jp/index.php
FACEBOOK:https://www.facebook.com/sendaisoleil

セイントマザークリニック

2013年にできた婦人科と産科を専門にしているクリニックです。マタニティケアについても力を入れているようで、家族入院ができたり、産後ケアハウスとして2泊3日の入院ができるようです。他の病院で出産した場合も受け入れてくれるのか、2泊以上の入院ができるのかはHPからでは分からなかったので問い合わせしてみようと思います。

宮城県仙台市青葉区支倉町1-31 支倉メディカルビル
電話:022-263-8001
http://www.saint-mothers.jp/

こんの助産院

産後入院、母乳育児相談、支援教室・勉強会を主に行っている助産院です。仙台市内で出産は取り扱わず産後入院を主とした助産院は、私が調べた限りではこんの助産院だけだと思います。規模にもよると思いますが、出産が入るとどうしてもお産の方に係りっきりになってしまう事もあるかと思いますが、産後入院を主としている所はそういうこともなく、ゆっくりと過ごす事ができるんじゃないかな。

仙台市泉区山の寺3丁目10-23
電話:022-373-9920
http://konno-josanin.com/index.html

光ヶ丘スペルマン病院

内科、リウマチ内科、小児科、産婦人科、緩和ケア内科を専門とする病院です。設立は昭和30年!産科開設以来、1万人以上の赤ちゃんの赤ちゃんが生まれている地域に根付いた病院です。光ヶ丘スペルマン病院のお産は、畳でのフリースタイルのお産。病院というよりも、助産院でのお産に近いんじゃなかな。産後サポートとして産褥入院も行っていて、他の病院で出産したママも受け入れ可です。

仙台市宮城野区東仙台6丁目7番1号
電話:022-257-0231
http://www.spellman.or.jp/index.html

とも子助産院

お産、母乳育児相談、産後ケアを行っている助産院です。講座やサークルも行っていて、種類がとにかく多い!母乳準備教室やバランスボールの会など珍しいものも多いです。とも子助産院で出産しなくても誰でも参加できるので、気軽に行ける助産院というイメージ。産後ケアとして、日帰りデイケアと産後入院があり、上の子供や家族の同伴入院も可能です。

泉区野村字野村95-6
電話:022-772-5960
http://www.tomo-j.jp/

森のおひさま助産院

お産、母乳育児相談、産後ケアを行っている助産院です。こちらも講座やサークルがあります。産後入院は上の子供や家族の同伴入院も可能です。

宮城県仙台市青葉区高野原4丁目12-18
電話:022-394-7508
http://www.mori-ohisama.com

私が調べた限りでは、仙台市内で産褥入院できる施設は6ヶ所ありました。それぞれの施設のHPを見るだけでもそれぞれの特色がありそうです。HPだけでは分からないことが多いので気になる点は施設に問い合わせをしてみようと思います。実際に見学をして雰囲気なども確認しておいた方がいいですね。

我が家の近くには残念ながら産褥入院できる施設はありませんでした、、これから仙台に引っ越してくる出産を予定している方に参考になればいいなと思います。

宮城県内の助産院も過去記事でまとめています!

過去記事仙台に引っ越してくる前に、要チェック!宮城県の助産院をまとめてみました