転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

疑問だらけの市民健診「乳がん検診」の検査項目って十分ですか?

calendar

reload

疑問だらけの市民健診「乳がん検診」の検査項目って十分ですか?

乳がん検診に行ったという記事を書きましたが、書いていてふと疑問に思った事がありました。

今回私が受けた検査はマンモグラフィ視触診超音波問診です。検査費用は検診の為、保険が使えず全額負担になり、11,940円かかりました。普段病院にかかった時は保険が適用されていて、検査を幾つか受けたとしてもここまで高い金額にはならない感覚でいたので、正直”高いな”。という感想です。

じゃあ、仙台市が行っている市民健診を上手く使えばいいんじゃない?たしか、40歳からはマンモグラフィができた気がすると思い、詳しく調べてみました。

仙台市では市民検診を行っていて、申し込みをすれば市から助成を受けた金額で検査が受けられます。但し、年齢によって受けれる検査項目が異なるので、受けたい検査項目の対象年齢ではない場合は医療機関で、自費で受けることになる。仙台市の場合、乳がん検診の内容は下記のようになっているようです。

仙台市市民健診「乳がん健診」
年齢 健診内容 自己負担金
30歳〜39歳 ○問診 ○視診 ○触診 700円
40歳以上 ○マンモグラフィ ○問診 ○視診 ○触診 1400円

どうですか?年齢の縛りの他に、健診内容にも疑問が湧いてきませんか?

30歳から39歳は問診と視触診のみで、マンモグラフィも超音波検査もありません。40歳以上に関してはマンモグラフィはありますが、超音波検査がないんです。しかも、2年に一度しか受ける事ができません。早期発見、早期治療のための検診としては十分な内容ではないような気がするのは私だけでしょうか?

自治体が行っている市民健診は基本的には国が定めた指針に沿った内容になっています。厚生労働省は「がん検診のあり方に関する検討会」を14年9月に設置し、乳がんと胃がんについて、科学的根拠に基づいた検診項目の設定に向けた検討を行っています。

検討会で議論、検討された内容をふまえ、27年に中間報告書が発表されていました。

    1)検診方法

  • マンモグラフィによる検診を原則とする。
    視触診については死亡率減少効果が十分ではなく、精度管理の問題もあることから推奨しない。仮に視触診を実施する場合は、マンモグラフィと併用することとする。
  • 超音波検査については、特に高濃度乳腺の者に対して、マンモグラフィと併用した場合、マンモグラフィ単独検査に比べて感度及びがん発見率が優れているという研究結果が得られており、将来的に対策型検診として導入される可能性があるしかしながら、死亡率減少効果や検診の実施体制、特異度が低下するといった不利益を最小化するための対策等について、引き続き検証していく必要がある。
  • 2)対象年齢: 40歳以上とする。
    3)検診間隔: 2年に1度とする。

がん検診のあり方に関する検討会中間報告書についてより抜粋)

この、国が定めた指針を見ると、仙台市が行っている市民健診の内容は、科学的根拠に基づいた検診項目であることがわかります。国のガイドラインに沿った内容だったんです。(当たり前といえば当たり前ですが。。)

でも、市民の立場から考えるとどうでしょうか?私はまだまだ疑問が沢山ありますよ。。

超音波検査については将来的な導入に向けて検証が進められるようなので、それを期待したいところですが、何故、対象年齢が40歳以上なのか?何故、検診間隔が2年に1度なのか?というところは???です。

対象年齢が40歳以上なのは何故?

日本人は乳腺の密度が高く、特に若い世代は乳腺濃度が濃い為、マンモグラフィ検査を受けた場合、乳腺も病変も白く映ってしまい、分かりづらい場合があります。病変を見つけにくいばかりか、「本当はがんでないのにがんが疑われる」と判断される「偽陽性」の発生が多くなります。

乳腺濃度に影響を受けない超音波健診については、現状では技術者によってレベルに差があるため、死亡率が下げられるという結論にはまだ至っていないようです。つまり、若い人が乳がん検診を受けても、正しく見つけられる可能性は限られているということになります。

検診で「疑いあり」となった場合、不必要な検査や治療を受けることになり、身体的負担が生じます。又、確定診断までの、自分はがんかもしれないという不安は、相当な精神的ストレスです。

では、どれくらい「偽陽性」は発生しているんでしょうか。

こんなデータがありました。40歳の乳がん検診で、一次検診を受けた1000人のうち83.5人が偽陽性本当に乳がんだった人は2.8人というデータがあります。本当にがんの人は、乳がんの発生率が高い40代でもわずか0.2~0.3%です。罹患率が低い20代、30代なら、もっと可能性が低くなることが予想できますね。
(データ:2010年日本乳癌検診学会発表資料、福井県済生会病院外科部長笠原善郎さんほか)

40代未満では、健診を受けて死亡率を減らせるメリットが、受けないデメリットを上回るという根拠が今のところ得られていないということになるのです。

検診間隔が2年に1度なのは何故?

厚生労働省がん検診のあり方に関する検討会で、乳がん検診の受診間隔について検討した結果、2年に1度とすることが適切であるとされています。頻繁な検診受診には、メリットだけでなく、偽陽性が増え、無駄な二次検査が増える点や放射線被曝などのデメリットも生じる事になります。

一部の増殖が速い乳がんの方のために間隔を短くした場合、本来そこまでの検査が必要ない人まで検査を受け、デメリットが発生する可能性がでてくるということです。マンモグラフィを1年おきにすることで、2年おきにする以上のメリット(乳がん死亡の減少)がデメリットを上回ることが今のところ証明されていないのです。

またです、「偽陽性」とか、メリットがデメリットを上回る、、とか。

うーん。確かに、自治体の市民検診は国が助成しているので、確かな科学的根拠や統計などの数字など色々な観点から検討されるべきだと思います。上記についても全て正しい事を言っているとは思いますが。。

実際のところ、30代が問診と観触診だけの検査でがんの早期発見、早期治療に繋がるとは思えません。自治体のがん検診の受診率が低いのは、内容が現実に合っていないので、自費で検診を受けている人が多いからなのでは?

調べれば調べるほどモヤモヤが止まりません!自治体によっては30代は超音波検査を導入している所もあるようなので、それぞれの自治体によって独自の運用ができるはずです。がんの早期発見、早期治療という健診目的に合うような内容になっているのか、仙台市も検査内容の精査をしていただきたいなと思います。

私は今後も年に一度はマンモグラフィ、超音波検査を受けていきたいと思います。そして、月に一度はセルフチェックですね。