転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

産褥期の乗り越え対策に、仙台市「育児ヘルプサービス」は使えるサービスなのか?

calendar

reload

産褥期の乗り越え対策に、仙台市「育児ヘルプサービス」は使えるサービスなのか?

産褥期の乗り越え対策として、仙台市の「育児ヘルプサービス」を利用してはどうかと思い、サービスの内容について調べてみました。HPや区役所にあったチラシを見ても分からない事が沢山あったので、直接区役所の担当課に問い合わせしてみましたよ〜。

前記事転勤族ママが2人目を出産!事前の対策で高い壁を乗り越えよう

育児ヘルプサービスとは

「実家が遠くて、出産後手伝ってくれる人がいない」「持病があるから、産後の生活が不安」等、出産後や体調不良などのため家事や育児を手伝ってもらいたい家庭にヘルパーを派遣し、産後の生活のお手伝いをしてくれるサービス。

利用できる期間、利用時間

・出産後6か月以内の期間で、10回以内。(多胎児の場合は15回以内)
・小児慢性特定の疾病の認定を受けている児童がいる家庭の場合は、利用日から6か月以内。
・1日1回まで、1回につき1時間~4時間(1時間単位)

利用料金

・1時間あたり600円。(所得の状況に応じた減額制度あり)
・キャンセルは、利用日前日の午後5時まで無料。それ以降は一律600円のキャンセル料が発生する。
・利用料金の支払いは当日ヘルパーさんへ現金を手渡し(領収書は仙台市からではなく、ヘルパー事業者から発行される)

どんな事をやってもらえるの?

◎家事に関して
食事の準備、後片付け、買い物、掃除など

◎育児に関して
授乳、沐浴、おむつ交換など

◎育児の相談助言など

登録、予約方法

サービスの利用開始を希望する2週間前までに、自宅地域の区役所に利用申請書を提出する。その後、利用できるヘルパー事業者やサービスの内容、派遣開始日等が記載されている利用決定の通知書が仙台市から送られてくる。

利用決定通知書が届いた後、予約やキャンセル、サービスについての相談等は全て利用者と事業者の間で行う。(利用開始前に利用者と事業者間で利用契約を結ぶことになる)

どんな育児ヘルパーさんがきてくれるの?

仙台市が業務提携している民間のヘルパー事業者を利用することになり、自宅の住所によって利用できる事業者が異なる。ヘルパーさんは事業者が行っている研修や教育の他に、仙台市が年間5回行っている、主に育児関連の研修を受けているとのこと。ヘルパーさんの経験年数や、保有資格、事業者が行っている研修などの内容は仙台市は把握していないので、直接事業者へ問い合わせしてくださいとのことです。

それで、結局のところ使えるサービスなのか?

一般的な家事代行サービスを利用するのとは違って、育児ヘルパーサービスを利用しようとする場合、経験年数やどんな資格を持っていて、どんな研修を受けているのかは最重要ポイントになるのではないでしょうか?自分も自宅に居るとはいえ、自分の子供のお世話もお願いすることになるので、「経験があります!自分も昔子育てしてきましたから。。」レベルの方ではちょっと。。利用料金を払ってきてもらうので、こちらとしてはプロの方にお願いする意識でいるわけです。

例えば、私の母は子供を3人育てましたが、紙おむつを使った事が無く、紙おむつのギャザーを外側に出す事を知りませんでした。オムツ替えをお願いすると後でいつも漏れて着替えやら汚れたシーツ替えやら大変なことになり、何度か目でギャザーが外に出す事を知らなかったことが分かり目が点に。。こちらとしては、「知らなかったの??!」って思う事が多々ありました。それをお金を払っているヘルパーさんにやられたらかなりのストレスですよね。着替えや汚れ物の洗濯をしている間にあっという間に1時間経ってしまいます。いったい何しにきたんだろう??!これでお金払わないといけないの??!的なことになるわけですよ。しかも、毎回同じ方に来ていただけるわけではないので、いつも色々と気にしていないといけないなんてヘルパーを頼んだ意味がないよ〜。だったら料金は3倍くらいかかりますが、民間の育児ヘルパー会社に頼んだ方がストレスもなく安心して頼めますよね。

その点でいえば、仙台市主催の育児関連の研修を年5回受けているヘルパーの方に来ていただけるようなので少なくとも紙おむつの使い方は知っていると思っていいのかな。

ただ気になる点としては、仙台市が業務委託している事業者は主に老人介護サービスを主にしている会社が多い点です。例えば、我が家の場合、仙台福祉サービス協会ひだまり介護の2社から選ぶ事ができますが、どちらも育児ヘルパーについてはHP上で書かれていません。ということは、一般的に育児ヘルパーサービスを行っていないということなんだと思います。となると、仙台市の育児ヘルプサービスがどれくらい使われているのか気になるところですね。

個人的な印象では育児に関してのサービスはおまけ程度に考えておいて、家事に関することを中心にお願いするなら1時間600円でお願いできるのはとてもお得だと思います。例えば2時間あれば洗濯、トイレ掃除、お風呂掃除、洗濯干し、部屋の片付けにもしかしたらご飯の支度もやっていただけるかもしれません。これだけやっていただければ本当にラク!上限10回利用したとしても12,000円です。

ただ、少しでも横になって休みたいので赤ちゃんのお世話(授乳やオムツ替え、沐浴など)もお願いしたい場合は民間の育児シッターさんを利用した方が本当の意味でのプロが来てくれるので、きちんと休めて依頼する意味があるように思います。料金は3倍くらいかかりますが、、

利用申請書には利用する事業者を第三希望まで記載する欄があります。サービスの内容や、ヘルパーさんの経験などについては仙台市は詳しい事まで把握していません。事前に事業者に確認して自分の希望に一番合いそうな事業者を確認しておく事が大切だと思います。(市役所の方も直接事業者に確認してください。と言っていたので、事業者にそのように伝えれば恐らく教えてくれると思います。)育児ヘルプサービス全体についての不明点は仙台市に確認してくださいね。

これは個人的な印象ですが、何か不明な事がある場合は住んでいる区の区役所の担当課に問い合わせするよりも、統括している子供未来局子育て支援課に問い合わせした方が詳しく明確な答えをいただけるような気がします。初めに住んでいる区の総合支所に話を聞きに行きましたが、担当の方は何度も子供未来局子供保健福祉課に電話で確認しているようでした。最終的には子供未来局子育て支援課に直接電話してくださいと言われてしまいました。。。

子供未来局子供保健福祉課
仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階
電話番号:022-214-8189ファクス:022-214-8610

残念ながら出産後からしか利用できませんが、利用申請は妊娠中から提出できるようなので時間と気持ちに余裕があるうちに申請書を提出しておくと出産後利用したい時にスムーズに利用開始できますね。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す