転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

AI時代を生きるスキルを身につけるには、6歳までのママとの関わり方が大切!「マザーズコーチングスクール」

calendar

最近気になっている子育て講座があります。マザーズコーチングスクールという2014年からスタートしたスクールで、母体はNPO法人トラストコーチングというコーチングサービスを主に行っている会社のようです。

マザーズコーチングスクールの基本となる考え方は「子どもにとって、最も大切な教育は親との関わり」ということです。

最近、コミュニケーションが上手く取れない若者が増えているというニュースを耳にしたりしますが、才能や学歴、そしてキャリアを活かす鍵となるはコミュニケーション能力だと言われています。確かに、社会に出ると学生時代のように勉強が出来るだけではやっていけません。会社に入れば取引先の会社や社内の関連部署、エンドユーザー等、様々な立場の人達を相手に仕事をしていくことになりますもんね。コミュニケーション能力が重要と言われてると納得できます。「勉強ができる=評価が高い」というような学生時代の単純な構図にはならないわけです。

息子が社会に出る頃には、AI時代の真っ只中になっているでしょう。例えば今は英語ができる人材が重宝されていますが、多分その頃にはAIが翻訳や通訳なんかもやってくれる時代になっているんじゃないかな。(今よりも遥かに精度や利便性が高い)3カ国語話せます。翻訳ができます。っていうのが強みにならない時代。「ではそのスキルを使ってあなたは何ができるんですか?」という事を問われる時代がくるわけです。

そんな時代では、AIでは絶対に真似ができない「人間性」が一番の強みになるんじゃないかな。

「人間性」の一つ、コミュニケーション能力については、ハーバード大学育児研究センターによると、0歳~6歳の間に、「大人とどんな関わりをしたか?」 で決まると言われているそうです。これ、ちょっとびっくりしました。6歳までに決まってしまうんですね?!

そしてその時期に、子どもと関わる時間がとても長く、また誰よりも影響力の強い存在は、お母さんです。

そう言われると、ものすごくプレッシャーを感じます。普段の接し方、関わり方ひとつで将来の子どもの能力が大きく変わってきてしまうのかと思うと、、恐ろしい。

でも、ちょっと思いました。勉強ができることが評価の基準の場合、凄く分かりやすいですよね。小さい頃から英語や読み書きの習い事を始めて、人より早く出来るようになれば親としては誇らしいし、自分の子育てに自信がもてるようになるのかもしれない。すごく分かりやすい。でも、人間性を育てるって、すぐには結果がでないとても地道な作業。毎日の積み重ねで、やってきたことの成果が感じられるようになるのは15〜20年後くらいでしょうか?そう思うと子育てって壮大で、簡単なことじゃないだなと思います。専業主婦だと、わりと「毎日子どもと遊べて楽しくていいね〜」的に思われてイラッとすることもあるけど、イラッとするってことは心のどこかで、外で働いているママに嫉妬してるのかも。これからは「私は子育てをしています!!」って自分が毎日必死にやっていることに自信を持ちたいな。

マザーズコーチングスクールは子どもの将来のコミュニケーション能力の土台となる、重要な4つの要素を育てることを目的とした、お母さんのためのスクールなんだとか。

【コミュニケーション能力の土台となる4つの要素】
①自己肯定感
②自分で考える力
③折れない心
④思いやりの気持ち

プログラムの内容としては、「こんな時はこう言いましょう」という内容ではなく、 お母さんが、より良い心の状態を自分でつくり出し、どんな会話ができれば、こどもの「自己肯定感」「折れない心」「心の安定感」などを育てていけるのか、自分で考えられるようになるためのプログラムになっているそうです。

この、”自分で考えられるようになる”っていうのが大事ですよね。

マザーズコーチングスクールはBASICとADVANCEの2講座に分かれていて、料金はBASICが¥7,560(税込)、ADVANCEが¥8,640(税込)。1講座あたり2時間くらいです。とっても気になるけど、2時間で約7千円という費用が安いのか、高いのか、凄く迷います。2時間受けたら魔法みたいに身に付くなんて夢みたいなコトはあるわけないので、講座を受けた後、日常生活でいかに意識して”自分で考えられるようになる”マインドが作れるかですよね。結局はこの金額が高いのか安いのかは自分次第なわけで。。うーん。

BASICの講座内容は

・ 子育てのゴールとは?
・ 親の役割とは?
・ コミュニケーションが成り立つ条件
・ 言葉の内容が決まる背景
・ 「言葉」の土壌を育てるエクササイズ
・ 伝わる言葉を決めるエクササイズ

のようです。

全国に認定講師の方がいらっしゃるようで、仙台は2名いらっしゃいました。(詳細はこちらから)

福本 加代子(ふくもと かよこ)さん
HP:仙台・宮城☆ママだって、もっと自由にわがままに♡

越前 幸子(えちぜん さちこ)さん
HP:ママの想いと子供の未来を叶えるカギは、親子のコミュニケーションの質にある☆マザーズティーチャー越前幸子の「私らしい子育て」
FB:http://www.facebook.com/echizen.sachiko

福本さんのブログは、読んでいるだけで参考になることが多いのでよく見ています。入門講座というのがあるそうで、¥1,000(1時間)でワーク、エクササイズを交えながらマザーズコーチングスクールで学べること等のお話がきけるようです。これ、かなり気になっているので受けてみたいと思っています。

2歳を過ぎてイヤイヤ期に入った息子を前に、悪戦苦闘の日々の中、このやり方でいいのか?どうやって声かけしたらいいのか?迷ったり悩んだりすることばかり。悩んでいる間に、今年もあっという間に一年が過ぎてしまいそう。

この記事をシェアする

コメント

  • ことりさん、はじめまして!マザーズコーチングスクール認定講師のふくもとかよこです(^-^)
    ブログでこのように素敵にご紹介頂き、飛び上がるほど嬉しいです!マザーズコーチングスクールのご説明も、とってもわかりやすくて、私の代わりに説明文を書いて頂きたいぐらいです笑!
    いつの日か、実際にお会い出来ましたら、とても嬉しいです(^-^)☆

    by ふくもとかよこ 2018年6月11日 5:36 PM

down コメントを残す