転勤ママことりの仙台ナビ

2歳男児の子育て奮闘中。ママ目線で楽しむ仙台ガイドブック

仙台に引っ越してくる前に、要チェック!宮城県の助産院をまとめてみました

calendar

reload

仙台に引っ越してくる前に、要チェック!宮城県の助産院をまとめてみました

助産院は入院出産ができる施設の他に、母乳育児相談や訪問ケアを専門にしている助産院もあり、市民病院や個人病院で出産するママも産前、産後に利用できるのをご存知でしょうか?

特に初めて出産する場合、分からない事ばかりですよね。でも、病院の妊婦健診ではゆっくりと時間をかけて色々お話を聞いてくれるケースは少ないように思います。いつも混んでいて看護師さんも忙しそうだし、看護師さんなのか、助産師さんなのかよくわからなかったり。

そんな時に病院以外で話をゆっくり聞いてくれる場所があると本当に心強い。助産院はそんな心の寄りどころになってくれる場所なんです。助産院で出産しなくても、ガンガン利用しちゃって大丈夫!講座やサークルを定期的に開催している助産院もあるので、そういう所なら気軽に行けますね。

宮城県で日本助産師会に入会している助産院をまとめてみました。出張専門の助産師さんを合わせると現在19の助産院があります。(地図上の番号をクリックすると助産院名、電話番号やHP情報が表示されます。)

入院出産ができる助産院

ははこっこ助産院」「とも子助産院」「森のおひさま助産院」では、入院出産ができます。

産褥入院ができる助産院

出産後は出産した病院に赤ちゃんと一緒に入院し、赤ちゃんやママの体調の経過をみて、一週間程度で問題なければ退院する事になります。1週間で日常の生活の場へポンっと戻され、24時間の育児生活が始まるわけです。

昔はお産から約1ヶ月くらいはママは布団を敷いたままできるだけ横になって体を休め、その間は家族に育児や家事を協力してもらっていた時代がありました。お産から約1ヶ月が過ぎた頃に、布団を片付けて通常通りの生活に戻ったことから「床上げ」という言葉があるくらいです。

産後の体力回復や出産時の体の変化から体が完全に回復するまで、約1ヶ月はかかるということです。

でも、今の時代はどうでしょうか?ほとんどの家庭が核家族化していて、家事や育児を協力してやってくれる家族はパパしかいない家庭も多いのではないでしょうか?特に転勤族は親類が近くにいるケースが少ないです。

私は1人目を出産した時は里帰り出産をせず、出産後3週間母親に来てもらい、家事全般をお願いする事にしました。今振り返ると、結局半分は自分で動いてやっていたのでしんどかったというのが正直な感想です。側にいると、つい

あ、、それはいつもはこうしてるの。。

床の掃除の後はこれで、、

とか、色々口を出したくなるもので、、ついでにやっていたり、、、

当時を振り返ると、母に来てもらう旅費や母が居ない期間の実家の維持費などもかかっていたし、慣れない土地で母も大変そうだったので、産褥入院をするという選択肢があってもよかったのではないかと思っています。生まれたばかりの息子を沢山抱っこしてもらい、あやしてもらえた事はとても良かったと思っていますが。

産褥入院とは、出産後、助産院や産褥入院できる施設などに母子で滞在して助産師さんのケアを受ける入院です。体に不調がなくても、産後の体力回復や育児の不安解消を目的に、入院することができるんです。産後の第一関門と言ってもいい母乳ケアもやってもらえます。

なにより、生まれてきてくれた赤ちゃんと、余計な事を考えずゆっくり過ごす時間がもてることは、その後の育児や家族の生活の為にもとても大切な事だと思います。

宮城県内の助産院では、「ははこっこ助産院」「こんの助産院」「とも子助産院」「森のおひさま助産院」で産褥入院ができます。

講座やサークルを定期的に開催している助産院

とも子助産院」「森のおひさま助産院」では、講座やサークルを定期的に行っています。

ベビーマッサージや産前産後ヨガ、アロマの講座など、近くに住んでいたら毎月参加したくなるような講座ばかりです。

桶谷式母乳育児相談室

乳腺炎になったことのあるママは桶谷式母乳マッサージという言葉を聞いた事がある方が多いと思います。

桶谷式母乳マッサージは、乳房の基底部の伸縮性を良くしておっぱいをスムーズに出す独自のマッサージです。おっぱいの根元部分の乳房と胸板の間をよく動かして分泌を促すマッサージなので、痛くない、気持ちいい、母乳の出がよくなるマッサージとしてトラブルを抱えたママに人気です。

痛いって、体も気持ちも固くしてしまい本当に辛いですよね。痛くない!というのは産後のママの体にも優しくて、寝不足が続く中おこなう母乳育児も気持ちが少し楽になるんじゃないかな。

乳腺炎や白班のトラブルだけではなく、完全母乳にしたい!おっぱいが足りない!断乳の仕方がわかならない!など、母乳育児全般の悩みの相談もできて心強いですね。

桶谷式の厳格な認定制によって認定された、高いマッサージ技術を持った助産師さんがいる母乳相談室は、宮城県内では4カ所、

「かとう母乳育児相談室」、「ナーシング助産院」、「ひととて助産院」、「わがつま母乳育児相談室

で受けれる事ができます。

baby

転勤ママは最初はママ友もいないし、子育ての相談ができる人が身近にいない場合が多いと思います。1人で子育てしていると息が詰まったりする事もありますよね。助産院で行っているベビーマッサージや、産前産後ヨガクラス等の講座やサークルに参加して、リフレッシュしたり、ママ友作りしたり、ちょっと話を聞いてもらったり。気軽に利用してもいいかなと思います。

気軽に助産院を利用するには、やっぱり自宅の近くにあるのがいい!私はもう遅いですが、これから仙台に引っ越して来る方には是非参考にしていただきたいなと思います。上のマップを見てみると、泉区と多賀城市の辺りに助産院が多い事が分かります。子連れで仙台転勤!さあ、どこに住む?で書きましたが、やっぱり泉区に住みたかったと思ってしまうわけです。。